ホーム > イベント・セミナー情報 > 地方学生雇用の課題

お客様の声

イベント・セミナー情報

地方学生雇用の課題

2014年11月10日 (月)

北海道北見にある

北見工大の視察をメインとする、

今回の北見視察も無事終了しました。

 

北見工大生との交流から、

地元の経営者たちとの交流まで、

かな〜〜り充実した2日間でした。

 

 

この中で一番感じたことは、地方学生雇用の課題です。

 

 

そもそも都心と地方で大きく違う点は、

・初任給

 都心:20万前後

 北海道北見:14万前後

(40代となると倍近く変わるケースもあります)

 

・住費

 都心:平均6〜7万

 北海道北見:平均3万

(衣食に関しては、都心のほうが安いケースもあります)

 

というデータで見えること。

 

そして何より、

地方学生を雇用する際考えておく必要があるのは、

彼らの30歳からの働き方です。

 

 

多くの場合

彼らは地元に戻ることを考えています。

 

 

地方から大学で東京に出てきて、そのまま東京の会社に就職するケース

そして、

大学まで地方で、東京で就職するケース

があると思いますが、

いずれにしても、

30歳前後を目安に

地元に戻るケースが多いと思います。

(就職で東京に来る学生は、「地元では就職先がない」というケースが多い)

 

このようなこと、

そして首都圏での採用競争を見越して、

ある程度絞って

地方にサテライトを出すなりというのは、

冗談ではなく考えてみても良いかもしれません。

 

(もちろん、出身地が様々である以上、

都道府県すべてにサテライトを出すのは非現実的ですが・・・。)

 

 

ほとんどの会社が都心から地方へ学生の獲得に動きだし、

求人に関しても昨対で200%アップという大学もあります。

 

 

人、モノ、金、情報

そして、

若い世代の

東京一極集中がすすみますが、

地方出身者の30代からの働き方の選択肢を増やすことは、

今後地方学生を

獲得していく上で

欠かせないのではないでしょうか。

 

個人と会社。出会いをもっとシンプルに。

ニュース
  • BLOG
  • MAIL MAGAZINE
  • NEWS LETTER
  • スマートフォンのビジネス展開ならスマートフォン研究会
  • IT企業の採用・助成金・法務戦略 +事例丸わかりセミナー
  • 中小IT企業がしらないともったない補助金・助成金丸わかり研究会
  • スマートフォンのビジネス展開ならスマートフォン研究会
  • アプリそうけん
  • テレアポ職人
  • 株式会社リアルコンテンツジャパン
  • きっかけバス | 助けあいジャパン
  • こどもネットミュージアム
  • ジャックピアス オフィシャルサイト | JackPierce Official Site